加工の種類

シルクプリント

一般的にプリントされている方法で、1色ごとに版を作成してTシャツなどに直接プリントする印刷のことです。プロ仕様の美しい仕上がりです。

シルクプリントの特徴

通常色、金銀、蛍光色など、バリエーションを多数ご用意しております。
色数、使用するインクによって金額が変わります。詳しくは、「プリント価格・作成例」をご覧ください

シルクプリント:版の作り方

  • 1.枠に斜(メッシュ)を貼ります【斜張り】

    まず始めに、インクを流し込むための版(型)を作ります。アルミの枠または木の枠に斜(メッシュ)を"ピン"と貼ります。

    アルミ枠(木枠)、斜(メッシュ)

    シルクプリント~名前の由来~
    この印刷の方法は特殊な版を利用してTシャツにインクを刷りつけるのですが→この版にシルク(絹)を利用していた事からシルクスクリーンプリントと言う名前が付いたのです。
    現在ではシルクではなく、ポリエステルのメッシュを利用している事が多いようです。
  • 2.感光乳剤でメッシュをコーティング

    斜メッシュ(感光乳剤を塗ってメッシュをコーティング インクが落ちないようにする為の作業です。)

    ※メッシュ部分はただの網なのでインクを落とした時にすべて通りぬけてしまいます。インクを落としたくない部分はメッシュを塞いでしまう必要があります。そこで、感光乳剤という特殊な液体でインクが通り抜けないようにする為のコーティングをするのです。

  • 3.露光

    1.黒で印刷された透明フィルムを版に重ねて光を当てる。(露光) 2.光が当たった部分は乳剤が固まり、黒で光を遮った部分は乳剤が薄れてインクが通るようになります

    感光乳剤という液体は、通常の状態では、水溶性で水をかけると溶けて流れてしまうのですが、光を与えると固まり、水をかけてもインクが流れてしまわなくなる特性があります。

    その特性を利用して、デザイン部分を黒で印刷した透明のフィルムを版の上に重ねて、光を当てます。

    こうすることによって光を遮った黒以外の部分の感光乳剤は固まります。

  • 4.版の完成

    好きな色のインクをのせて生地へプリント!一色につき1版必要となります。

    「3.露光」した版を水で洗い流します。
    そうすると、光を遮ったデザイン部分の乳剤だけが水にとけて流れ、元の斜(メッシュ)に戻ります。

    こうして、デザインの部分だけがインクが通るようになります。

    この版を利用して上から自分の希望のインクを刷りつけると生地にプリントがされる、これがシルクプリント加工で使う「版」です。

シルクプリント:プリントの流れ

  • 1.版を機械へセット

    専用の機械へ版をセットします。
    インクをのせている時に版がズレないように、がっちりとセットします。

  • 2.プリントする本体を台へセット

    次に、プリントする本体(Tシャツ等)を台へセットします。
    “台へ着せる”感覚です。
    台より身幅が小さい本体になると台へセットできないので別の専用の台を使ったり、台へ着せず、上に置いたりしてプリントするのですが場合によってはプリントが不可なものも出て参ります。

  • 3.本体へインクをのせる

    いよいよプリント開始です!
    台へセットした本体(Tシャツ等)の上に版を重ね、その上からインクをのせて、スキージ(刷毛のようなもの)を引いてインクを均一にのせていきます。

  • 4.カラー生地の場合は“2度刷り”

    一度インクをのせた後、乾燥機で少しインクを乾燥させて、もう一度インクをのせます。
    これが「2度刷り」です。
    こうすることによって生地色に負けない、きれいな色で仕上がります。

    ※白生地の場合は1度刷りなので、カラー生地の場合よりお安くプリントできます。

  • 5.プリント完了

    1~4までの工程を経て、1色のプリントが完了します。
    2色、3色等、多色刷りの場合はこの後に1~4の工程をプリント色ごとに繰り返します。
    色どおしの境目がないよう、ピッタリとくっつけてプリントします。

  • 6.乾燥機にかけます

    最後に、プリント完了した本体を乾燥機にかけます。
    専用の乾燥機にかけたり、洗濯物のように干して自然乾燥したりします。

  • 7.出来上がり

    乾燥機から出てきてついに完成です!
    インクを直接生地へのせてプリントしているので耐久性抜群でとっても綺麗な仕上がりになります!

ユニフォーム作成を徹底サポート まずはお気軽にご相談ください